2010年05月28日

違反見逃しで巡査処分=女性紹介を期待―兵庫県警(時事通信)

 携帯電話で通話しながら車を運転していた女性の道交法違反を見逃したとして、兵庫県警監察官室は26日、姫路署地域2課の男性巡査(20)を減給処分とするとともに、犯人隠避容疑で神戸地検姫路支部に書類送検した。巡査は「彼女が欲しかった。女性を紹介してもらえると思った」などと話しているといい、同日付で依願退職した。
 監察官室によると、巡査は2月23日午後8時40分ごろ、運転中に携帯電話で通話している20代女性を発見。付近の駐車場に車を止めさせたが、女性が「わたしは女の子をたくさん知っている」と話したことから、「ええ子がおるんやったら、今回は切符なしでいい」と違反を見逃した。
 同日夜、2人が携帯電話番号などを交換していたことを不審に思った女性の交際相手が姫路市内の交番を訪れ指摘したため発覚。女性は約1カ月後に違反切符を切られ、4月1日に反則金を支払った。 

【関連ニュース】
警部補を書類送検、懲戒免職=駐在所でわいせつの疑い
警察官ミス、放置車両と誤認=スクラップ処理、所有者に賠償
勤務中、ネットで株取引955回=上席調査官を減給処分
逮捕の警部補、盗撮も=県警が懲戒処分
警告件数を水増し、巡査2人処分=埼玉県警

<環境保護>日本の子どもは意識低い エアバス社の調査(毎日新聞)
<八街殺人放火>「鉄パイプで殴り、刺す」…2人に逮捕状(毎日新聞)
乳酸菌飲料「ピルクル」に酵母混入、自主回収(読売新聞)
裁判員制後、保釈率が急伸16.9% 捜査当局は懸念(産経新聞)
24歳男が父親を刺殺=新潟(時事通信)
posted by きまぐれん at 19:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

国家戦略局「外交も所掌」=政治主導法案が審議入り―衆院(時事通信)

 国家戦略室の「局」への格上げを柱とする政治主導確立法案は13日午後の衆院本会議で、趣旨説明と質疑が行われ、審議入りした。鳩山由紀夫首相は「外交分野も含めて、首相がその時の情勢を踏まえて必要と認める場合には国家戦略局の所掌事務となり得る」と述べ、外交や安全保障政策を戦略局が担う場合もあり得るとの認識を示した。
 戦略局の所掌事務について、同案は、経済運営や予算編成に関する基本方針の企画立案などのほか、「首相が指定するもの」と定めている。鳩山首相は「既に気候変動問題などは所掌事務としている」と述べた。 

【関連ニュース】
鳩山首相の責任、焦点に=普天間「5月決着」断念
普天間「6月以降も努力」=月内断念認める
政権交代に祝意伝える=キャメロン氏と電話会談
「この程度が望ましい」=取材対応批判に反論
英の政権交代に祝意=「連立は不安定でもない」

「富士ソフト」元社員を背任で逮捕 社名でPC仕入れ転売(産経新聞)
米海軍「真珠湾以来の大敗北」 図上演習で衝撃の結果(産経新聞)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑−大阪府警(時事通信)
子宮頸がんワクチン、集団接種=初の全額助成、栃木・大田原市(時事通信)
<普天間移設>「甘い汁は毒に」徳之島3町長、集会で訴え(毎日新聞)
posted by きまぐれん at 20:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

鳩山首相 「ぶら下がり」やめたい 周囲に意向(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相が平日に原則2回のペースで行っている「ぶら下がり取材」を取りやめ、記者会見に切り替える意向を周囲にもらしている。記者クラブ加盟の記者によるぶら下がり方式ではなく、フリーの記者も参加する「オープン会見」の回数を増やしたいとの希望からだ。米軍普天間飛行場の移設問題などで、短いやりとりが「ぶれた」との批判を招き、「毎日、同じ質問ばかり」という首相のいら立ちも背景にある。

【俗称は「ぶら下がり」】鳩山首相は1日2回答えている 首相VS記者団

 ぶら下がり取材では、記者と取材対象が立ったまま、質疑を交わす。自民党政権下の小泉純一郎元首相から導入されたが、発信の場として活用した小泉氏に対し、その後の政権では失言につながるケースもあった。数分間で数問のやり取りを行うため、鳩山政権内にも「真意が伝わりにくい」(首相周辺)との不満がある。

 首相は3月26日、フリー記者も参加したオープン記者会見の後、「(記者クラブに所属する)決まった社だけが参加できるぶら下がりはおかしい」と周辺に疑問を呈したという。今月21日には、司会役の首相秘書官が質問を打ち切る前に首相が席を外す場面もあり、政権発足当初に比べ、記者団との関係はぎくしゃくしている。

 過去の安倍、福田、麻生各政権でも、内閣支持率が下落すると、ぶら下がりの回数制限などが検討されてきた。発信する中身ではなく、やり方にこだわるのは、総じて政権が「下り坂」に入った時だった。複数の側近議員は引き続きぶら下がりを行うよう進言している。

 26日夕のぶら下がり取材では、支持率下落に関する質問が記者団からあり、首相は「内政・外交問題で、国民のご期待に応えるよう精いっぱい努力すると、それしかない」と強調。同日、大相撲春場所で史上初の幕内在位100場所を達成した大関・魁皇関=本名・古賀博之氏=を首相官邸に招き、内閣総理大臣顕彰を授与した際には、魁皇関によると、首相は「(政権を)少しでも、長く続けられるようにしたい」と意欲を示したという。【山田夢留】

【関連ニュース】
【過去2ヶ月、首相は何を語ったか】俗称は「ぶら下がり」鳩山首相VS記者団 アーカイブ
【図説で読み解く】鳩山由紀夫首相の略歴、語録、人間関係
鳩山政権の通信簿:マニフェスト検証 7カ月目
【支持率低迷にあえぐ】ドキュメント 9.16鳩山内閣誕生の1日
【支持率低迷にあえぐ】7ヶ月前、意気揚々としていた鳩山氏

<障害者郵便割引不正>「凜の会」代表、偽公文書作成は無罪(毎日新聞)
<やずや>採用試験の自己PR動画 閲覧状態2週間(毎日新聞)
小沢氏証人喚問の扱い、自民「国会運営の前提」(読売新聞)
福祉用具レンタル、9割がリピーター(医療介護CBニュース)
【高速道路新料金】馬淵副大臣「充分に説明すべきだったが」(レスポンス)
posted by きまぐれん at 03:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。