2010年03月23日

<にっぽん丸>リニューアル公開 初のシングル専用客室も(毎日新聞)

 商船三井客船は21日、客船にっぽん丸(2万2472トン)をリニューアルし、東京・晴海ふ頭から横浜への航海で報道陣に公開した。

 にっぽん丸は1990年に就役したが、昨年11月から4カ月かけて改修工事を行っていた。別に建造したブロックを船体上部にかさ上げする日本初の工法で7階と6階に新しい区画を増設して、ラウンジやスパ、ダイニングルームなどを設置するとともに、救命ボートやテンダーボートを新型に交換した。乗客定員は523人で改装前より9人減ったが、客室数は184室から202室へと増やし、日本船では初となるシングル客専用キャビンを新設している。

 にっぽん丸は21日に横浜でワンナイトクルーズを行った後、26日からデビュークルーズとして伊豆諸島周遊クルーズ、5月からは7月までは太平洋一周クルーズを予定している。【米田堅持】

【関連ニュース】
【写真特集】改装されたにっぽん丸と黒木瞳さんが参加したパーティの模様を写真で
【写真特集】クイーン・メリー2:豪華客船の船内を公開
【写真特集】豪華客船:「クイーン・ビクトリア」長崎寄港
【写真特集】豪華客船:イタリアの「コスタアレグラ」 東京・晴海ふ頭に初入港
【写真特集】豪華客船:オーシャン・プリンセスが東京・晴海ふ頭に入港

<B型肝炎訴訟>原告団が和解勧告受け入れ確認(毎日新聞)
戦没者を洋上慰霊8千キロ、激戦のレイテ沖など(読売新聞)
<新潟・十日町断層帯>西部の地震発生確率高まる(毎日新聞)
首相動静(3月22日)(時事通信)
鳩山政権半年 八方美人で八方ふさがり 普天間移設、外交安保…(産経新聞)
posted by きまぐれん at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会(時事通信)

 漫画などでの子供に関する性表現を規制対象とする東京都の青少年健全育成条例改正案について、都議会最大会派の民主党は18日までに、継続審査の動議を提案する方針を固めた。共産党、生活者ネットワーク・みらいも同調する方向。これにより、同改正案は開会中の今都議会では成立せず、継続審査の見通しとなった。
 改正案は、漫画やアニメの中の18歳未満と類推される人物を「非実在青少年」と規定。非実在青少年への性暴力などを肯定的に描く図書類を、青少年への販売・閲覧規制の対象に加える内容だが、漫画家有志や出版業界が「表現の自由を奪う」などと反対している。 

【関連ニュース】
ネット証券がFXてこ入れ=顧客流入見込み手数料下げなど
ネット関連初の業界団体=政策提言、白書発行など実施へ
カブドットコム、FXの基準スプレッドを縮小=大手ネット証券では最低水準に
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査

<トキ>8羽が死ぬ…動物に襲われる? 佐渡の保護センター(毎日新聞)
女性が最もとりたい資格は「医療事務」 収入高いイメージ(産経新聞)
「たまたま死ななかっただけ」腎臓摘出した被害者の女性 秋葉原殺傷(産経新聞)
酒気帯び運転し警官に体当たり、2米兵逮捕(読売新聞)
<三洋>佐野社長が報酬1割自主返上 洗濯乾燥機リコール(毎日新聞)
posted by きまぐれん at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

就活のために留年する学生支援  大学に広がる「卒業延期制度」(J-CASTニュース)

 内定をもらっていない大学4年生は5人に1人にのぼる。就職先が決まらないまま卒業するよりも、1年留年して「新卒」として就職活動を続ける方が有利だと考える学生は少なくなく、就活のための留年を認める大学が全国で相次いでいる。

 青山学院大学は卒業に必要な単位を取得した学生を対象にした「卒業延期制度」を2010年2月25日から導入している。基本料と受講料の半額を納めなければならないが、在籍料と考えればさほど高くはないのかもしれない。

■東京工芸大は授業料半額

 湘南工科大(神奈川県藤沢市)も卒業要件を満たした学生が就活のため最長1年間在籍できる「就職支援特別在籍制度」を設けた。就職課の担当者によると例年高い就職率を誇っているが、10年度は卒業予定者530人のうち約80人が内定をもらえなかったことから設立を決めた。

 学費は通常授業料の約18%となり、半年で11万円、年間では22万円だ。3月4日の締め切りまでに69人が応募し、およそ7人に1人という高い割合だった。

 東京工芸大(中野区)も1年間の「在学延長」を認める制度を発足。ただし09年10月以降に就職内定の取消しを受けた学生のみが対象となる。在籍期間は最大1年。学費は通常の授業料の半額となり、半期で10万円、1年間で20万円だ。

 5年以上も前から「卒業延期制度」を導入しているのは成蹊大学。国家試験受験などの理由でも利用できる。10年度卒業予定者1800人弱のうち制度を利用したのは70人で、教務部担当者によると09年度よりも増えた。授業料は文系が50万円弱、理工学部が約75万円となり、いずれも年間授業料の半額だ。希望者は授業を受けることもできるという。

■文科省への問い合わせ相次ぐ

 文部科学省大学新興課の担当者は、

  「就活のための留年を認める大学が全国でどの程度あるかは調査をしていないのでわかりませんが、単位が揃っている学生を留年させるのは法的に問題ないか、という相談はかなりの数を受けています」

といっている。

 厚生労働省の調査によると、10年春卒業予定の大学生の就職内定率は2月1日時点で前年同期を6.3ポイント下回る80.0%で、5人に1人の学生が内定をもらっていないという厳しい結果となった。この状況が続けば卒業延期制度を導入する大学が11年以降も増えそうだ。

 一方、文部科学省大学新興課の担当者は、

  「学生が希望する場合のみ留年させるという規則を作った上でないと、悪用される可能性があり、アカデミックハラスメントを増やす危険があります」

と大学関係者に注意を促している。


■関連記事
就活生惑わす「ブラック企業」情報 火のないところに煙はたたないのか : 2010/02/23
30社回って内定出ない 「エンドレス」大学4年の就活  : 2009/11/24
「不安」抱え早まる就活 2年生もインターンシップ説明会に : 2009/10/09
椿姫彩菜、時東ぁみ… 有名人が告白 「10代の病み」 : 2009/07/13
「日本ではもう働けない」 海外移住を決意した人たち : 2010/03/15

普天間移設 官房長官が沖縄知事と会談「県外も検討」(毎日新聞)
宿泊客男女4人が軽症=ビジネスホテル火災−東京(時事通信)
「人間関係イライラ」患者の肋骨折る 看護師逮捕(産経新聞)
仕分け第2弾、歳出の大幅削減は期待薄(読売新聞)
<幻冬舎>業務上横領で元局長に実刑判決 東京地裁(毎日新聞)
posted by きまぐれん at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。